ダイエットの注意

摂取カロリーの抑えすぎ

基礎代謝を下回るのは要注意!
カロリーを抑える事でダイエットはできますが、生命活動に必要な基礎代謝以下のカロリーに抑えるのは良くありません。
最初の内は痩せる事ができますが、徐々に体が慣れようと基礎代謝が減少します。
すると総消費カロリーがその分減り、思ったように体重が減りにくくなります。
ダイエットを終えた時にも注意が必要で、基礎代謝が減少しているのでリバウンドしやすい体になっています。
さらに基礎代謝を減少させる為にエネルギーを多く使う筋肉を減らそうと筋肉をカロリーに変換します。
筋肉が減ると体重が落ちたとしても引き締まった体を維持できずたるんだ体になってしまいます。

短期間ダイエットで失敗?

短期間では成功か失敗かはほぼわかりません
例えば健康で普通の体重の人が1週間のダイエット挑戦で毎日1時間の散歩や摂取カロリーを半分にしたとします。
(既に摂取カロリーが抑えすぎで体に良くありませんが例えです。)
ちゃんと計算はしていませんが1週間で1Kg程の減量にはなりそうです。
ですがいざ体重を量るとまったく減っていなかったりする可能性があります。
これは体重を量った時間やその日の体の水分量、尿や便などの状態によって大きく変わります。
人によって多くて2Kgの違いが出る人もいるので短時間でダイエットが失敗したと決め付けないように気をつけてください。
逆に減りすぎてていきなりリバウンドしたように見えるというのもあります。

短期間で何kgも一気に落とせません

1週間で1kgの減量が目標!は甘いです
運動と食事制限では食事制限をする方が体に良くないですがものすごくハードルが低いです。
よく1食をダイエット食品に変えると1週間で数キロ痩せれるの?と思う人もいますが普通の人には無理です。
なぜかというと1kg減量するためには7200kcal分食事を抑えないといけませんが晩御飯をダイエット食品にするだけでは良くて600kcal程度しか抑えた事になりません。
1週間続けても4200kcalしか抑えた事にならず体重は0.6kgしか減量できません。
ではなぜ数kg落とせるという人がでてくるのかというと、元の体重の差になります。
かなり太っている方で普段の食事量や総消費カロリーがものすごく高く普通の人と同じダイエットをするだけでその差の分カロリーを抑えた事になり、普通の方と比べると何倍もの効果になります。
なのでこのサイトの診断でわかる自分の総消費カロリーや運動で追加した消費カロリー、食事で抑えたカロリー量を計算して何kg痩せるのが正しいのかを理解してください。
※このサイトの診断でわかるのはおおよその数値で無理なダイエットをした後とかではない健康状態の数値になります。

水分はちゃんと取る

ダイエットには水分補給が大切
痩せようと水分まで取らなくなる方がいますが、これは逆効果になります。
水分を取ると体重は増えますがこれは脂肪ではないので大丈夫です。
逆に水分を取らないと脂肪を燃焼させる事ができなかったり、体内の老廃物を排出できず病気になったりします。
なのでダイエット中でも水分は1日に2~2.5L程しっかり取ってください。

運動中の水分補給について

運動中の水分補給は必ずカロリーゼロのスポーツドリンク
まず運動中はお茶や水などではミネラルやビタミンなどが不足し、足の痙攣や熱中症になる場合がありますのでスポーツドリンクを取るようにしてください。
ですが運動の消費カロリーを見ると思っているより低い事がわかります。
気にせずに飲んでいるとせっかく運動で消費したカロリーをスポーツドリンクで無かった事にしてしまいます。
体力アップが目的であれば問題ありませんがダイエット目的だとただ辛い事をしただけになってしまいます。
なので運動ではカロリーゼロのスポーツドリンク「アクエリアスゼロ」などを飲むようにしましょう。

スポンサー広告
スポンサー広告



Copyright(C) 2013 簡単一番痩せれるダイエット方法診断 All Rights Reserved.
サイトについて   ご意見・ご感想   運営者情報